キャッシングで夢に近づきました。

キャッシングがあって本当によかったと、心の底から思っています。
私の夢は歌手になることです。
それは幼稚園の頃から大人になった今もずっと変わりません。
私は小学校の頃から歌のレッスンへ通っていました。
ダンスやピアノのレッスンへも通っていました。

プロの歌手になるにはお金がたくさんかかる

自分に厳しく、常に限界を作らず、もっと高みを目指すことができるという気持ちで
私はずっと歌手になるためのレッスンへ挑んでいました。
プロになるためには更に内容の濃いレッスンを受けなければなりません。
毎日のボイストレーニング、歌の練習、運動も欠かせないんです。
そうなってくると、毎月6万円は歌手になる夢のために資金がかかります。
最近はピアノでの弾き語り練習を始めているんです。
というのも、来月はオーディションがあるんです。
そのオーディションは弾き語りでオリジナル曲を歌うというものです。
貸出スタジオだけの練習では時間が足りず、自宅に電子ピアノを
購入したいと考えました。 歌手になりたいという夢を叶えるべく、
その一歩のためにはピアノは必須だと考えたのです。
早速楽器屋さんへ向かいました。電子ピアノの値段を見て驚愕しました。
なんと、30万円もしたのです。予算は10万円だったのですが、
その金額では良い楽器を購入することができませんでした。

電子ピアノが高すぎてお金が足りない、
でも夢のために必要と思いキャッシングして購入。

夢のために購入をあきらめることが出来ず、
私はキャッシングすることに決めました。カードキャッシングのいろはで注意事項だけ確認しなんとか決断しました。 歌手になるためにキャッシングが力を貸してくれたのです。
借りたいと思って、すぐキャッシングできるのかどうか、不安だったのですが、
ものすごくスムーズにキャッシングすることができました。
そのお金で欲しかった電子ピアノを購入することができたんです。
私は猛練習してかなり上達しました。

キャッシングが無ければこんな良い電子ピアノを購入することができませんでした。
防音機能もついているので、朝から晩まで、時間を気にせず練習できます。
次は防音部屋などをたくらんでおります(笑)これに関してはさすがにお値段がするのでキャッシングでどうこうしようとは考えていないですが。キャッシングがあったからこそ、自分の納得のいく買い物ができたんです。
来月のオーディションへの自信もつきました。
夢への一歩へ力を貸してくれたキャッシングに感謝です。